【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

強度近視



1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・メールサポート付〜

強度近視と聞くと、
メガネやコンタクトを外した状態では
ほとんど見えないと思っている人も
多いかもしれません。

でも、強度近視の強度は裸眼の視力の状態を
示しているものではないんですよ。


近視の状態を医学的に区分けするため、

・軽度近視
・中等度近視
・強度近視
・最強度近視

の4つに分けられているようですが、
裸眼の視力で分類されているわけでは
ありません。

上記の分類は、D(ディオプトリー)の値によって
決められています。

D(ディオプトリー)とは、
目の屈折異常を矯正できるレンズの度数です。

健康診断などのランドルト環(Cのマーク)で測定する
視力の値では、強度近視かは判別できないわけです。

そのため、強度近視でも裸眼の視力がそれほど
悪くない人もいるということらしいです。

なぜ、このようなややこしいことになっているかと
いいますと、裸眼の視力は日によって若干変わるから
だそうです。

確かに、本を読んだ後やパソコンを長時間使用した後では、
目が疲れて、普段より視力が落ちたような感じになりますよね。

そのような視力をもとに眼鏡やコンタクトレンズを作っていては、
その都度、眼鏡やコンタクトレンズを変える必要がでてきます。

それに比べてD(ディオプトリー)は変化しないようです。
とはいっても長期間でみれば変化もします。
そのため、レンズの度数を変えないと見えにくい状態に
なることもあるわけです。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 視力
sceneの強度近視のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。