【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

デイトレード



★初心者から成功する投資家へ! ⇒ 【インターネット株取引講座】



スリーミニッツキャッシュ 「ブックメーカー投資法」


株式の売買で、デイトレードというものがあります。
1日に何度も株式の売買を行う取引です。

デイトレードを専門にしている人を
デイトレーダーといいます。

FX(外貨証拠金取引)の売買でも
デイトレードはありますが、
わたしは、FX(外貨証拠金取引)の経験がないので、
今回は、株式の売買における
デイトレードのことを書いています。


一般的にデイトレーダーに対して、
いいイメージを持っていない人が多いと思います。

これはデイトレードに対するメディアの
取り上げ方のせいかもしれません。

わたしは、デイトレーダーの存在について、
善悪の感情のようなものはありません。

ただ、株式の売買においては必要な存在で
あると思います。

デイトレーダーが存在するおかげで、
株式の売買がスムーズにできるんですよね。

売買が盛んでないと、自分が株を売買したいときに
スムーズに株の取引が成立しないんですよ。

証券会社もデイトレーダーから多くの手数料を
得ていると思います。


メディアや人が言っていることを鵜呑みにせずに
自分でそのものについての事実を把握してから
自分なりの判断をするようにしたほうが
いいと思います。


デイトレーダーは池の上にある
飛び石のような存在かもしれません。

近くに飛び石がないと、
大きなジャンプが必要になりますよね。

株の場合は、売り注文と買い注文の数が
飛び石の数になるわけです。

買いたい値段に売り注文がないと
多めにお金を支払って株を買うしかありません。

池の上に飛び石がたくさんあれば、
スムーズに移動できるように、
株の場合も売買の注文が多いほど、
スムーズに売買が成立するわけです。

デイトレーダーが多いと、
必然的に株の売買の注文が増えます。


デイトレードは会社の業績を分析するよりも
人の感情を読むことで利益を上げる
ものだと思います。

自分が感情に流されてしまっていては、
利益を上げ続けることは難しいと思います。

これからデイトレードに挑戦してみようと
思っている人は、すぐに実際の取引をせずに
その銘柄特有の株価と売買注文の動きのクセを
見極めてからのほうがいいでしょう。

何度もシュミレーションしてみることを
おすすめします。

勝つための投資理論を完全無料配信


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneのデイトレードのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。