【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

女性ホルモン



(定価)38,800円の美顔器をナント【980円で】販売
【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?


わたしは、ホルモンと聞くと
焼肉で食べるホルモンが頭に浮かんできます。

子どものころは、女性ホルモンや男性ホルモンは、
焼肉で食べるホルモンの種類かと思っていました。

恥ずかしいですね。


女性ホルモンや男性ホルモンは、
体内の細胞で作られる化学物質の一つです。

男性ホルモンは、副腎や睾丸で作られていて、
テストステロン、アンドロステネジオン、
デヒドロエピアンドロステロンがあり、
合わせてアンドロゲンと言われています。

また、女性ホルモンは卵巣から分泌されて、
エストロゲン(卵胞ホルモン)と
プロゲステロン(黄体ホルモン)
があります。

このように書くと、
男性ホルモンは男性にしかないホルモンで、
女性ホルモンは女性にしかないホルモンだと
思ってしまいがちですが、実はどちらのホルモンも
男性と女性の両方に存在します。

というのも、性ホルモンは変化するんですよ。
男性ホルモンからも女性ホルモンが作られます。


女性ホルモンは女性の生理(月経)に関係していて、
月経前症候群(PMS、Premenstrual Syndromeの略)
が起こるじきに、女性ホルモンである
プロゲステロン(黄体ホルモン)が増加してきます。

また、女性ホルモンは20〜30代でピークに達して、
50代で急激に減少してしまうんですよ。
そのため、ホルモンのバランスが乱れてしまい
更年期障害などの病気がおきやすいそうです。

女性ホルモンを注射などで補充する療法もあります。
女性ホルモンを補充することで
更年期障害(のぼせ,ほてり,発汗,イライラ,不定愁訴)
などが改善されるみたいです。
ちょっとした若返りのようなものでしょうかね。
ただ、副作用もあるみたいですので、
難しい選択になりそうです。


男性が性同一性障害の治療で女性ホルモンを
服用すると、乳房が大きくなることを知って
豊胸のために女性ホルモンを服用しようと思っている
女性もいるようです。

でも、性同一性障害の治療で服用する女性ホルモンの
量は多いため、女性が同じ量の女性ホルモンを服用すると
副作用が激しく現実的ではないそうです。

もともと、女性ホルモンが少ない男性の場合は、
副作用が少ないようですね。


話題の美白成分プラセンタエキスがたっぷりはいっているから
シミ・そばかすを消し去って、ハリのある白い肌も手に入る!!
芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】



【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの女性ホルモンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。