【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

レーシック,保険



1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法〜自宅トレーニングセット・メールサポート付〜

わたしは、近視と乱視がひどいため、
コンタクトレンズを使っています。

使用しているコンタクトレンズは、
ハードコンタクトレンズのシードS-1です。

シードS-1は異物感が少なく快適なのですが、
やはり、目にゴミが入ったときは
すごく痛いんですよね。

やっぱり、裸眼の状態での生活にあこがれます。

寝起きのときは、コンタクトレンズをしていないので、
周囲がよく見えず不便なんですよね。

それに、夜トイレに起きたときも、メガネを探すのが大変です。

そのため、レーシックの手術をすることも検討しています。


でも、先日、銀座眼科でレーシック手術を受けた患者が
角膜炎などに感染したことがニュースになりましたよね。

そのことを考えると、レーシック手術はリスクもあると思います。

銀座眼科のレーシック手術料金は、両眼で9万5000円
だったそうです。

他の眼科やクリニックでのレーシック手術費用は高いところで
50万円ぐらいのところもあるみたいですね。

機械の設備や事前の検査、アフターケアなどから
この料金の差が生まれるようです。

でも、素人にはどこでレーシック手術を受ければよいか
分かりませんよね。

身近にレーシック手術を受けた知り合いがいない場合は、
ネットで体験談や失敗談を調べて判断するしかなさそうです。

あとは、実際に何件かレーシック手術をする眼科やクリニックに行き、
説明を受けるなどして比較検討するしかないですね。


ところで、レーシック手術は、国民健康保険(社会保険)が
適用されません。
そのため全額自己負担になってしまいます。

レーシック手術は病気を治療するための手術ではないという
ことから国民健康保険(社会保険)が適用されないようです。

確定申告の際に、医療費控除の申告を行えば、
多少はお金が還元される可能性があると思います。

個人で生命保険や医療保険に入っている場合は、
事前に給付金の対象になるか確認した方がいいと思います。

レーシック手術のあとで、給付金の支払い対象外の条件に
なっていたことを知っても遅いですからね。

保険会社によっては条件が細かく設定されている場合が
ありますので、注意してください。

これは、レーシック手術の保険目当てで、
生命保険に入る人が増えたせいだという話もあります。

14日間視力回復プログラム!川村博士の視力回復法”ジニアスeye



【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 視力
sceneのレーシック,保険のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。