【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

花粉症,皮膚炎



リノール酸低減式花粉症対策

この時期は、スギ花粉に苦しんでいる
人が多いでしょうね。

わたしも、多少は影響を受けているようで、
普段よりは、鼻をかむ頻度が多いです。

それでも、普段の生活に差し障りは
ない程度ですけどね。


花粉の飛散量と花粉症の症状は、
相関関係がないそうです。

花粉の飛散量が少量であっても、
連続して花粉に曝露されると
症状が悪化するようですね。


花粉症の発症を説明するのに、
アレルギーコップという表現があります。

身体をコップに例えているのですが、
長い時間をかけて徐々にアレルギーを発症する
原因が蓄積され、このコップに入りきれなくなると、
アレルギーが突然、発症するというものです。

この状態になると、花粉は身体にとって、
有害なものだということが定着してしまうため、
自然治癒は難しいそうです。


花粉症と聞くと、思い浮かぶのは、
鼻水やくしゃみ、目のかゆみなどの
症状です。

でも、なかには、花粉によって
皮膚炎になることもあるようです。

花粉症と皮膚炎って関係がないと
思っていたんですけどね。

花粉による皮膚炎はおもに、
目のまわりにできるそうです。

他にも、首などにできるみたいですね。

一般的に花粉症というのは、
花粉が目や鼻に入ることで
起こるものですよね。

どうして、目や鼻以外にも、花粉症による
皮膚炎が起こるのか不思議です。

どうやら、花粉症による皮膚炎は、
目や鼻から入った花粉が原因で発症するのではなく、
肌から直接花粉が入ることで発症するみたいですね。

花粉はウィルスなどに比べると大きいため、
通常なら、皮膚から入ってくることはないそうです。

でも、顔の場合は、常に外気に曝されていますし
化粧や洗顔などで、角質などが薄くなってしまっているため、
花粉が皮膚から入ってきてしまうことがあるみたいです。


花粉は水溶性であるため、ワセリンなどの
油脂性軟膏を顔や首に塗布することで、
花粉症皮膚炎の予防に効果があるようですね。


リノール酸低減式花粉症対策


(定価)38,800円の美顔器をナント【980円で】販売
【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの花粉症,皮膚炎のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。