【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

金魚,病気





子どものころ、水槽で金魚を飼っていました。

お祭りのときに金魚すくいでとってきた金魚ですので、
高価なものではありませんけどね。

金魚すくいといえば、全国金魚すくい選手権大会というものが
あるみたいです。


残念ながら、金魚は病気になったみたいで死んでしまいました。

金魚が死ぬ直前は水槽の上の方で口をパクパクしていて、
なんとなく苦しそうな感じでした。

一応、金魚を飼育していた水槽には、
ぶくぶく(エアレーション)が付いていたんですけど。

水槽の水が汚れて酸欠になったのかもしれません。
フンなどを掃除しておかないと、水中の酸素が消費されるような
分解反応が起こるみたいですね。

基本的に金魚の飼育は親がやっていたので、
わたしには金魚の状態がよく分かりませんでしたけどね。


金魚は鮒(ふな)が突然変異して生まれた魚のようです。
それから交雑によって、いろんな種類の金魚ができたみたいですね。

蘭鋳(らんちゅう)という金魚は数十万円する高価なものも
あるようです。
この蘭鋳(らんちゅう)は「金魚の王様」とも言われているみたいです。

わたしには、その価値が理解できませんけどね。
骨董品みたいなものなのでしょうか。
分かる人には価値が分かるんでしょうね。
目利きができるまで、どれぐらいかかるのかな。

また、ネット通販で金魚を販売しているお店もあるみたいですね。
ネットオークションにも金魚が出品されているようです。


金魚が病気にならないような飼い方をするには、
酸素不足、水温の変化、餌の量に注意する必要があります。

金魚は餌があると、いつまでも食べ続けるようなので、
餌を与えて5分ぐらいたっても残っている場合は、
餌を回収して、餌の与え過ぎと水の汚れを防ぐように
したほうがいいみたいですね。


金魚の病気の治療については、
以下のサイトに詳しく書かれています。
病気の治療


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneの金魚,病気のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。