【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

シリコンゴム



芸能事務所も採用している自宅で簡単に出来るバストアップ豊胸法

シリコンゴムは英語で書くとsilicone rubberとなり、
正式にはシリコーンゴムみたいです。

シリコンゴムとは、
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
シリコーン樹脂(シリコーンを主成分とする合成樹脂)のうち、ゴム状のもの。シリコンゴム、ケイ素ゴムとも言われる。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

と記述されています。

ちょっと分かりにくいですよね。

そもそもゴムの定義って何かわかりますか?

ゴムの定義
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
(1)日本工業規格(JlS)の定義
次のような性質を持っているか、または、与えることのできる高分子物質をいう。

1. 室温において小さい応力で相当に大きい変形を起こし、その変形から急速にほとんど元の形までもどること。
2. 熱及び中篇の圧力を加えることにより、恒久的な形に再成形することが容易にできないこと。
(備考 この用語は、ゴムから製造される製品にも使われる。)

(2)広辞苑(岩波書店)

1. ゴム植物が分泌した乳液(ラテックス)を凝固させて製した生ゴムを主原料とし、これに亜鉛華、炭酸マグネシュウム、カーボンブラックなどを加え、硫黄または塩化硫黄を作用させて作ったもの。弾性に富む。
2. 植物の分泌物から得られる無定形物質の一種。高分子多糖類からなる。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


理解するのに難しい言葉が並んでいますね。

わたしの場合は、力を加えても弾力によってもとの形状に
戻るものをゴムと認識していると思います。

その材料が何かは特にこだわっていません。


でも言葉の意味するところは、
人によって微妙に違うことがあります。

同じ意味で使っていると思いこんでしまうと、
誤解が生じてしまいます。

なんとなく、話が噛みあわないと感じたときは、
お互いが使っている言葉の定義をすりあわせる必要がありますね。

このすりあわせを怠ると人間関係がスムーズに
いかなくなることが多いと思います。

他人の認識と自分の認識は異なっていることのほうが
多いということを、つねに意識しておいた方がいいと思います。


シリコンゴムは赤ちゃんの哺乳用の乳首の材料など
意外に身近なところに使われています。
それはシリコンゴムの安全性が高いからだと思います。

なぜ、シリコンゴムの安全性が高いのかというと、
シリコンゴムは化学的に安定している物質で、
人体にふれても変化しにくいからです。
劣化しにくいともいえます。

そのため、人体に悪影響を及ぼすことがほとんどない
ということらしいです。

豊胸手術でブレストインプラントとしてシリコンが
使われていることからも安全性が高いと認識されているようですね。

他にもシリコンゴムが材料として使用されているものとして
スプーン、ブレスレット、食器などの滑り止めシート、マウスパッド
などがあります。

また、何度でも洗って再利用できるラップとして
シリコンエコラップという製品もあるようですね。

女性ホルモンの知識を活かし遂に導き出した豊胸・バストアップ法


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneのシリコンゴムのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。