【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

光脱毛



(定価)38,800円の美顔器をナント【980円で】販売
【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?


光脱毛とは、IPL(インテンス・パルス・ライト)という
強力な白色ランプで脱毛をおこなう方法です。

レーザー脱毛と同様に、光のエネルギーが毛の中に含まれるている
メラニンに照射して熱エネルギーになり、
毛根にある肝細胞を破壊することで毛が生えてくるのを
抑える脱毛方法です。

レーザー脱毛は毛根の色に対して選択的に作用するため、
痛みがありますが効果が高いといわれています。

一方、光脱毛の場合は、白色ランプを使いますので
光エネルギーが拡散して選択的に毛根部に作用させる力は
弱まってしまい、痛みは小さいですが、
脱毛効果はレーザー脱毛よりも期待できないようです。

光脱毛はIPL脱毛、フラッシュ脱毛、プラズマ脱毛とも
いわれています。

光脱毛の施術は脱毛の範囲の広さ、毛の量などにより
個人差があるのですが、だいたい1〜2ヶ月に1度のペースで、
4回〜6回繰り返す必要があるようです。

イオンパックハイパー脱毛体験キャンペーン


自宅で光脱毛


自分で手軽にできる脱毛もいろいろとありますが、
それぞれにデメリットがあります。

すぐに思いつくものとして、毛抜きで脱毛する方法がありますよね。
わたしも、チョット気になるムダ毛があるときは、
毛抜きで抜いてしまいます。

でも、毛抜きで毛を抜くとまわりの皮膚が盛り上がってしまい
鳥肌になることがあるみたいです。
また、毛穴が広がってしまい雑菌が入りやすくなり、
炎症をおこしてしまう可能性があるようです。

ムダ毛をカミソリで剃っている人も多いと思います。
カミソリで処理すると、皮膚表面に小さな傷がついてしまい、
角質が厚くなってしまいます。
そのため、皮膚も硬くなってしまい、埋没毛(うもれ毛)の
原因になるようです。
リンパ付近では刺激で黒ずみやすくなることもあるみたいです。

他にも、脱色クリームや除毛クリームを使う脱毛方法がありますが、
どちらも肌荒れになってしまう可能性があるようです。


光脱毛の光エネルギーは、腋臭の臭いの元となるアポクリン腺にも
作用するらしく、ワキガの臭いが弱まったというケースあるそうです。
ただ、副次的な効果なので腋臭の治療方として最適ということでは
ないようです。


話題の美白成分プラセンタエキスがたっぷりはいっているから
シミ・そばかすを消し去って、ハリのある白い肌も手に入る!!
芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】



【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneの光脱毛のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。