【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

アスタキサンチン



鮭はもともと白身の魚であることを知っていましたか?

確かに、鮪などの赤身の魚とは色合いが違っていますけど、
白身という感じではないですよね。

では、なぜ鮭は白身なのにサーモンピンクといわれる
色をしているのか不思議です。


鮭がサーモンピンクになっている原因は、
アスタキサンチンという物質のようです。

アスタキサンチンとは、人参などの緑黄色野菜に
含まれているβ-カロテンやリコピンと同じく、
天然に存在する色素のカロテノイド(carotenoid) のひとつです。

英語のスペルは astaxanthin になります。

アスタキサンチンは、鮭が食べるサクラエビなどに
含まれているようです。

そのため、鮭の体内にアスタキサンチンが蓄積されて
もともと白身だったがものがサーモンピンクに変化したと
いわれています。
イクラの色もアスタキサンチンの影響です。

アスタキサンチンは、高い抗酸化作用があるため、
鮭の川のぼりのときの疲労回復に役立っているようですね。


また、カニやエビの殻は加熱すると赤い色になりますが、
これもアスタキサンチンによるものです。

カニやエビが生きているときは、
アスタキサンチンとタンパク質が結合しているために
青緑色になっていますが、加熱することにより
タンパク質が分離してアスタキサンチンの
本来の色である赤い色になるようです。


ヘマトコッカス藻などの藻類に紫外線が当たることで
アスタキサンチンが作り出されるみたいですね。

アスタキサンチンは、美白やシミ防止の効果が
あるといわれているためアスタキサンチンを含有した
化粧品などがあるようです。

また、抗酸化作用、抗動脈硬化作用、毛様体機能調節などの
効能も期待されているため、アスタキサンチンが配合されている
サプリメントも多数販売されています。



【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneのアスタキサンチンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。