【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

ビールサーバー





生ビールの生とはどのような意味で使っているのか
知っていますか?

そもそも生ビールの「生」って何?
生ビールの「生」の定義が書いてありました。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「熱処理をしていないビールのことです。熱処理はビールが微生物によって変敗(劣化すること)するのを防ぐために行うのですが、今日、ビール製造工程全般にわたっての微生物管理とビールろ過技術の向上により、日本では非熱処理の『生ビール』が主流になっています。またこの『生』の表記に関しては、メーカー間の公正競争規約によって定義し、遵守しております」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

また、お店で飲む生ビールと市販されている生ビールは
同じものみたいです。

でも、お店で飲む生ビールと缶ビールでは味が違うと
感じている人もいますよね。

わたしも、お店で飲む生ビールは、自宅で飲む缶の生ビールに
比べておいしいと思います。

なんとなくまろやかな感じがするんですよね。

その理由は、ビールサーバーにあるようです。
ビールサーバーを使うことで、きめ細かいクリーミーな泡に
なるみたいです。

それに、ビールサーバーにあるビールは、炭酸ガスにより
圧力がかかっているため、ビールの量が減っても炭酸が抜ける
ことはないようですし、酸化もしないようです。

あとは、ビールの鮮度がおいしさの違いになるようですね。

ビールの味と泡の関係については、下記のページが参考になると思います。
ビールの味は泡が決める


バーベキューやキャンプなどアウトドアのイベントで、
お店で飲むような生ビールが飲みたいという人もいると思います。

そのような場合は、ビールサーバーをレンタルしてくれる酒屋さんが
ありますので、自分でも居酒屋やビアガーデンで飲むような
生ビールを楽しむことができます。

日常的においしい生ビールを自宅で飲みたいという人は
生ビールサーバーを購入してもいいかもしれませんね。

ビールサーバーには、氷冷式ビールサーバー、電冷式ビールサーバー
というように、冷却方法によりいくつかの種類があります。

氷冷式サーバーは野外など電気の使えないところで使用できます。
でも、氷でビールを冷却するので氷の準備が必要です。

電冷式ビールサーバーは、居酒屋などにあるビールサーバーです。
電気によりビールを冷却します。
氷の心配が必要ないので長時間使用する場合は、
電冷式ビールサーバーが適しているようですね。



【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneのビールサーバーのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。