【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

CCDカメラ,ファイバースコープ



CCDカメラファイバースコープは同じものを
示すと思っていたのですが、違うみたいですね。

CCDカメラのCCDはCharge Coupled Device(電荷結合素子)
の略です。

RBB TODAYのIT辞典には、
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 電荷結合素子。電荷をバケツリレーのように運ぶ働きをする半導体素子のことですが、一般には、光信号(画像)を電気信号に変換する撮像素子として知られています。
 CCDには、光を感じ取る受光素子が多数並べられており、各素子は、光の量に応じて電荷を発生します。この電荷を素子ごとに取り出すことによって、画像が電気信号に変換されるというわけです。各素子は、画素と呼ばれ、画素数が多いほど高精細な画像を得ることができます。
 CCDは、デジタル・カメラやデジタルビデオカメラ、スキャナ、FAXなどに組み込まれています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

と書かれています。

CCDカメラとは、CCD(電荷結合素子)を使用した
カメラのことなんですね。
CCDの粒の数が画素数としてデジタルカメラなどの
製品に表示されています。

でも、CCDは色を識別することができないそうです。
カラーの撮影をするためには、カラーフィルタ
というものを用いて色を分解した後、
計算処理により色を再現しているようです。


一方、ファイバースコープ(fiberscope)は、
ガラス繊維(光ファイバー)を束にして、
先端に対物レンズと接眼レンズを取り付けたものです。

胃カメラなどの内視鏡に使われています。

ファイバースコープは折れ曲がっても、
映像を見ることができますが、
これは光の全反射のためです。


私がCCDカメラとファイバースコープを混同していたのは、
CCDカメラとファイバースコープが組み合わされた製品が
あるためだと思います。


CCDカメラとファイバースコープをわずかなすき間から
映像をみることができる小型カメラだと認識していましたが、
実際にはCCDと光ファイバーを使用したカメラが
その特性を生かすために小型のものだったというわけですね。


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneのCCDカメラ,ファイバースコープのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。