【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

シアバター



シアバター(Shea butter)はアフリカに自生している双子葉植物の
シアーバターノキの種子から作られる植物性脂肪です。

バターと聞くと食用のものだと思ってしまいますが、
シアバターはどちらかというとスキンケア製品として知られています。

中でもフランスの化粧品メーカーである
ロクシタン(L'Occitane)のシアバターが有名です。

日本では生活の木が日本貿易振興機構(JETRO)を通じて
シアバターを製品化しています。

日本貿易振興機構(ジェトロ)とは、経済産業省所管の
独立行政法人です。

尚、ジェトロの目的は
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「我が国の貿易の振興に関する事業を総合的かつ効率的に実施すること並びにアジア地域等の経済及びこれに関連する諸事情について基礎的かつ総合的な調査研究並びにその成果の普及を行い、もってこれらの地域との貿易の拡大及び経済協力の促進に寄与することを目的とする。」
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ジェトロのプロフィールに書かれています。


シアバターは食用としても使用できますので、
シアバターを使用したチョコレートなどの
製品もあります。

他にもシアバターを含んだ繊維を用いた女性用下着などが
あるようですね。


シアバターの成分,特性,用途については、
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に以下のように
記述されています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • 成分
    シアバターの成分のほとんどはステアリン酸とオレイン酸で、トコフェロール、カロチノイド、トリテルペンも微量に含まれる。

  • 特性
    常温では固形、肌に塗ると体温で溶け浸透する。そのため油脂であっても「オイル」ではなく「バター」と呼ばれる。ココアバターやマンゴーバターも同様に融点が高く常温では固形のためそのように呼ばれている。

  • 用途
    シアーバターノキが分布する地域では古くから食用、薬品、燃料として使われ、薬品としては傷や火傷の治療目的や筋肉痛、リュウマチ、白髪、脱毛予防など万能薬として用いられる。ガーナでは新生児を紫外線や乾燥から守るために、生まれてすぐ全身に塗布する。また、ムスリムの習慣として生後3か月の男児に施される割礼の止血・消毒目的でも用いられるという。近年では化粧品メーカーがボディローション、ボディクリーム、リップクリーム、ハンドクリーム、シャンプー、石鹸など様々な化粧品に配合して販売している。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


シアバターは特有の匂いがある製品もありますので、
購入する場合は実際に製品を確認してからの方がいいと思います。

苦手な香りだとせっかく購入しても使えないですからね。


話題の美白成分プラセンタエキスがたっぷりはいっているから
シミ・そばかすを消し去って、ハリのある白い肌も手に入る!!
芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneのシアバターのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。