【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

挨拶文



プロの手で、想い出が絵本に!第3回くらしえほんキャンペーン

挨拶文を書くのってなんとなく面倒な感じがしてしまいます。
社会人としては、当然のマナーだとは思うんですけどね。

挨拶文を書かなければいけないタイミングは、
結婚,引越し,転勤,退職,転職などの挨拶状を出す
必要があるイベントの時です。

あいさつ文を書く機会は頻繁にないので、いざ書かなければ
ならないとなると戸惑ってしまいます。

日ごろから手紙でやり取りしている人は、
慣れていると思いますけどね。
今はメールでのやり取りが普通になっているので、
手紙を書いている人は少なくなっていると思います。


あいさつ文の文例集などを掲載しているサイトが
ありますが、そのままその挨拶文を使うと味気ない
ものになってしまいますよね。

今後、継続して関係を保つような相手に対しては、
送られた相手の気持ちになって、挨拶文を考える必要があると
思います。

決まりきった挨拶文ではなく、相手のことを気にかけている
ような文があるといいのではないでしょうか。

例えば、挨拶状を送る相手の近況を気づかった言葉があることで、
相手のことを気にかけているということが伝わります。

相手の近況について把握していない場合は、印象に残っている
出来事などを挨拶文に添えてもいいかもしれません。

挨拶状を受け取ったときに、相手の感情がちょっとでも
動いてくれるような文があるといいと思います。


また、ビジネスで取引先の人にメールを送る場合も、
いきなり用件に入るのではなく、文頭に簡単な挨拶文が必要に
なると思います。

日ごろからメールのやり取りをしているような取引先の相手には、
形式的なもので問題ないと思いますので、
メールのテンプレート(雛形)を作っておけば、
文章作成の時間短縮になります。

ビジネスメールの書き方については
誰も教えてくれなかった ビジネスメールの書き方、送り方
が参考になると思います。







【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category その他
sceneの挨拶文のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。