【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

日焼けサロン



日焼けサロン(日サロ)に設置してある日焼けマシーンは、
紫外線のなかのUVA(長波長紫外線)を日焼け灯より照射して、
日焼けを促進させるものが多いようです。

紫外線には、UVB(中波長紫外線)もありますが、
UVBによって日焼けした場合は、皮膚が赤くなるだけで
色素の沈着が起こらないようですね。

ただ、UVBは皮膚の基底層にある色素細胞(メラノサイト)
を刺激することで、メラニン色素を放出させるため、
光にUVBが全くないと色素の沈着が進まないとも
いわれています。


そもそも日焼けにより皮膚が褐色になるのは、
太陽光の中にある有害な紫外線から肌を防御するために、
メラニン色素が分泌されるためです。

メラニン色素により褐色になった肌は、新陳代謝によって
もとの皮膚の色に戻りますが、紫外線を大量に浴びてしまうと
メラニン色素を分泌し続けてしまうことがあります。
これがシミの原因になってしまいます。

また、日焼けによる皮膚がんの危険もありますので、
日焼けサロンの日焼けマシンで肌を焼くのは、
ほどほどにしたほうがいいと思います。


紫外線による日焼けではなく、ローションなどを
体に塗ることで、皮膚の色を日焼けしたような色にする
セルフタンニング(サンレスタンニング)という方法も
あります。


セルフタンニングは、メラニン色素を刺激しないので、
しみになることはありません。

セルフタンニングにより皮膚の色を変化させる色素は、
紫外線で日焼けしたときに生成されるメラニン色素とは
異なります。

そのため、不自然な色になってしまうこともあるようですね。

肌の角質部分のケラチンを構成するアミノ酸と
ジヒドロキシアセトン(DHA)が反応することで、
皮膚が着色するようです。

セルフタンニング剤に含まれているDHAの濃度により、
肌の色の変化が変わるようですので、
自分にあったセルフタンニング剤をいろいろと
試してみる必要があるかもしれません。


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneの日焼けサロンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。