【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

性行為感染症



性行為感染症かな?と思ったら
24時間体制の無料電話&メールで相談


性行為感染症に感染しているかもしれないと思っていても
なかなか病院で診察してもらう気にはなりませんよね。

やっぱり、お医者さんとはいっても性器を見せるのは
恥ずかしいです。

でも、性行為感染症は早期に治療しないと大変なことに
なってしまうこともありますし、何より人に感染させて
しまう可能性があります。

ちょっと怪しいかもと思ったときは、自宅で性行為感染症の
検査ができる性病検査STDチェッカーを試してみるのも
いいかもしれません。


性行為感染症とは、性行為により感染してしまう全ての病気
の総称で、STDとも呼ばれいます。

性行為感染症の感染原因となるのは、血液,膣液,精液などの体液に
存在している病原体です。

この病原体が身体の陰茎,膣,肛門のような
粘膜部分を通して感染します。
口や目から感染することもあるようです。


性行為感染症と聞くと私が真っ先に思い浮かぶのは、
後天性免疫不全症候群(AIDS,エイズ)です。

ドラマや小説などでエイズ感染を扱ったものが
ありますよね。

自分が感染してしまう可能性もあるわけですから、
どのような病気なのかを知るには、いいキッカケになると
思います。


日本で一番多い性行為感染症は、性器クラミジア感染症の
ようです。

性器クラミジア感染症は、自覚症状がほとんどないので、
感染していることに気づきにくいようですね。

症状が悪化すると、男性の場合は、
前立腺炎,副睾丸炎,肝炎,腎炎などに、
女性の場合は、
子宮頸管炎,子宮内膜炎,卵管炎などになることもあるようです。

また、性器クラミジア感染症になってしまうと、
他の性行為感染症に感染してしまう可能性が高くなるそうです。


性行為感染症の予防で一番確実なのは、性行為(セックス)を
しないことですが、現実的ではないですよね。


性行為(SEX)をする場合でも、コンドーム(避妊具)を
使用して相手の体液が粘膜部分に触れないようにすることで、
性行為感染症の予防に効果があります。

コンドームというと男性が付けるものというイメージが
ありますが、性行為感染症の予防には、女性用のコンドームの方が
効果があるようです。

それは、女性用コンドームの方が男性用のコンドームよりも
大きいため、直接接触する部分が少なくなるためです。


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの性行為感染症のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。