【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

りんご病



赤ら顔の悩みを解消する「赤ら顔ファンデーション」


りんご病とは、ほっぺがリンゴのように赤くなる病気です。
正式には伝染性紅斑(でんせんせいこうはん)という
病気です。

ヒトパルボウイルスB19(human parvovirus B19)という
直鎖一本鎖DNAウイルスによる感染症です。

感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染で、
幼稚園児や小学生などが、リンゴ病になるケースが
多いようです。
稀に輸血用血液により感染してしまうこともあります。

リンゴ病の感染力が強いのは、発疹などの症状が出る前ですので、
気づかないうちに感染している場合がほとんどです。
なお、潜伏期間は風邪のような症状がでるまでに4〜14日ぐらいで、
頬が赤くなるまでは10日〜20日程度のようです。

頬が赤くなった状態のときには、感染力がほとんどないため、
幼稚園や学校などを休む必要はないようです。

また、りんご病は一度かかることで体内に免疫ができますので、
再度、リンゴ病にかかるということはほとんどないそうです。


りんご病の症状として、湿疹がでてくる2〜3日前に、
倦怠感,微熱,頭痛,関節痛,筋肉痛,咳,鼻汁などの
軽い風邪のような初期症状がでる場合があります。
これらの症状は大人の場合にでやすいようです。

頬に紅い発疹がでてきて1日〜2日後、
腕や足などにレース網のような網目状のかゆみがある
赤い湿疹が出てきます。
背中,胸,お腹に発疹ができることもあるようです。
なお、大人は頬に紅い発疹がでないことが多く、
全身の関節痛がしばらく続くことがあります。

発疹は1週間程度で消えてなくなりますが、
長引いたり再発したりするケースもあります。

リンゴ病には特に治療法がなく、かゆみ止めの薬を使用したり、
解熱剤を使用するというような対症療法のみです。
ほとんどは自然に回復します。

ただ、妊婦(特に妊娠初期・中期)がリンゴ病に
感染してしまうと、胎児水腫になり胎児を死亡させたり、
流産したりすることもあるようです。


りんご病を発症させるヒトパルボウイルスB19のワクチンは、
今のところ存在しないため、能動免疫によって予防することは
できません。


りんご病の写真画像は、以下のサイトに掲載されています。

http://www.miyake-naika.or.jp/13_medemiru/kodomo_ringo.html


(定価)38,800円の美顔器をナント【980円で】販売
【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneのりんご病のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。