【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

日焼け止め



(定価)38,800円の美顔器をナント【980円で】販売
【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?


日焼け止めのスプレーやクリームには、
SPFとPAの表示がありますよね。

SPFとは、Sun Protection Factor
(サン・プロテクション・ファクター)の略で、紫外線防御指数
ともいわれています。

SPFは、主にUV-B(中波長紫外線)による
日焼けの防止効果を示す数値です。
UV-Bは、皮膚が赤くなるサンバーンといわれる症状の
原因となります。

以前は、何も塗っていない皮膚が日焼けするまでの時間を
約20分として考え、SPFはその日焼けするまでの時間を
どれだけ延ばすことができるかを数値として示していました。

例えば、SPF20の場合は、「20分×20倍」で約400分の間
日焼けするのを防いでくれるということになります。

現在は、何も塗っていない皮膚が24時間後に日焼けをするのに
必要な紫外線量を基準としています。
SPFはその紫外線量をどれだけ強くすることができるかを
あらわしています。
SPF20であれば、基準の20倍の紫外線量を照射したとき、
24時間後に日焼けすることを示しています。
個人差がありますので、あくまで目安として考えてください。
とはいっても、以前の指標よりわかりにくいような感じがします。

一方PAは、Protection Grade of UVA
(プロテクション・グレイド・オブ・UVA)の略で、
UV-A防御指数ともいわれます。

PAは、主にUV-A(長波長紫外線)による
日焼けの防止効果を示す指標です。
UV-Aを照射して2〜4時間後にみられる皮膚の黒化を
基準としています。

PAはPA+、PA++、PA+++の3段階で、「+」が多いほど
日焼け止めの効果は高くなります。


海水浴などに行く場合は、ウォータープルーフ(耐水性)タイプの
日焼け止めを使用しないと効果がすぐなくなってしまいす。

また、敏感肌など肌の弱い人は、紫外線吸収剤が入っていない
ノンケミ(ノンケミカル)の無添加日焼け止めや、
赤ちゃん用(ベビー用)の日焼け止めを使用したほうが
いいと思います。


日焼け止めには、クリームタイプやスプレータイプなど
があります。


クリームタイプには、化粧下地として使用でき
保湿などスキンケア効果のあるものがあります。

スプレータイプの日焼け止めは、化粧の後にも使用できます。
汗などで日焼け止めが落ちてきているときに、
手を汚さずにスプレーすることができ、髪の日焼け止めにも
使用できます。


話題の美白成分プラセンタエキスがたっぷりはいっているから
シミ・そばかすを消し去って、ハリのある白い肌も手に入る!!
芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの日焼け止めのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。