【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

不安障害,不安神経症



不安障害と不安神経症は同義的に使われているみたいですね。

大辞林 第二版」には、不安神経症の項目がありましたが、
不安障害はありませんでした。

不安神経症は
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
慢性的な不安感や急激な不安発作などを主症状とする神経症。不安発作では動悸・発汗・呼吸困難などを伴う。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

と「大辞林 第二版」に記述されています。

不安障害に分類される病気は、
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に、
以下のように書かれています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • 恐怖症性不安障害
    o 広場恐怖
    o 社会恐怖(社会不安障害)
    o 対人恐怖症(注:文化結合症候群)
  • 他の不安障害
    o パニック障害
    o 過敏性腸症候群
    o 全般性不安障害
    o 混合性不安抑うつ障害
  • 強迫性障害
  • 重度ストレス反応および適応障害
    o 心的外傷後ストレス障害(PTSD)
    o 急性ストレス障害
    o 適応障害
  • 一般身体疾患による不安障害
  • 物質誘発性不安障害
  • 特定不能の不安障害

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

不安の原因となる事由により、病名がかわるようですね。

当然ながら、原因が違えば克服法や治療法が変わってきます。

医療現場でも使用されるウツ・不安・不眠用メンタルケアサプリ

そのなかでも社会不安障害(SAD)は、誰でも感じる不安が
原因になります。

社会不安障害の原因となる不安は、人前で話をするなど他人から
注目されるような場面で感じる不安です。

通常ならば緊張する程度ですが、社会不安障害の人は
手足の震え,めまい,動悸,吐き気などの症状がでます。

この病気が原因で、ニートや引きこもりになってしまう可能性も
あるようです。

社会不安障害の治療法として、抗うつ薬の一種である
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)の使用や、
認知行動療法が効果があるといわれているようです。

また、全般性不安障害はGAD(Generarized Anxiety Disorder)
ともいわれ、さまざまな事柄について過剰な不安が
長期間(6ヶ月以上)生じる病気です。

尚、アメリカ精神医学会が作成編集した
「精神障害の診断と統計の手引き(DSM-W)」による
全般性不安障害の診断基準が、下記のサイトに掲載されています。
http://www.naoru.com/zenpan-huan.htm


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの不安障害,不安神経症のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。