【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

夜驚症



夜泣き対策&解消法

夜驚症(やきょうしょう)という病気を知っていますか?

夜驚症は睡眠時驚愕症(すいみんじきょうがくしょう)ともいわれ、
子供(幼児期)に好発するようです。

夜叫症と表記している人もいるようですが、
夜驚症が正しい表記です。

英語では、night-terrorsまたは、sleep terrorというようです。


夜驚症について、
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には、
以下のように書かれています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
夜驚症(やきょうしょう)とは、睡眠中に突然起き出し、叫び声をあげるなどの恐怖様症状を示す症状のことである。概ね数分から十数分間症状が続く。夢とは異なり目覚めた時に本人はそのことを覚えていないのが普通である。小学校入学前から小学校低学年の児童に見られる症状であり、高学年以上では稀である。睡眠中枢が未成熟なために起こる症状であると考えられている。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


夜驚症の原因は、はっきりとは分かっていないようですが、
精神的な不安、緊張、ストレスなどの心理的要因や、
脳波異常といった身体的な要因が考えられています。

また、咽頭扁桃増殖症(アデノイド)が原因で、
夜驚症になってしまうこともあるようです。


夜驚症の原因の特定は難しいと思いますが、
日常生活の中から探っていくことも大切です。

1つずつ原因となるようなことを解消していくことで、
夜驚症が治ることもあるようです。

例えば、夜トイレに行くことを怖がっているのであれば、
トイレまで付き添うことで、子供の不安が緩和されます。

親子の会話やスキンシップを多くすることで、
夜驚症がなくなったというケースもあるようです。

赤ちゃん・子どもがぐっすり眠る魔法の安眠術


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの夜驚症のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。