【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

逆浸透膜,RO膜



逆浸透膜とは、水だけを通して他の不純物を通さない膜のことです。
英語で「Reverse Osmosis Membrane」ということから、
RO膜とも言われています。
また、RO膜で不純物を取り除いた水をRO水といったりも
するようです。

RO水は純粋に近い水であるため、ミネラル成分が含まれていません。
農林水産省ミネラルウォーター類の品質表示ガイドラインでは、
ボトルドウォーターに分類されています。


塩分濃度の違う水溶液を逆浸透膜(半透膜)で仕切ると、
濃度の低い方から濃度の高い方へ水が抜けていき、
濃度を均衡にしようとします。
この現象を浸透といい、両液の間に生じる圧力差を
浸透圧といいます。
このとき濃度の高い方に浸透圧より大きい圧力をかけると、
水分子だけが濃度の低い方に抜けていきます。

この動きを通常とは逆の浸透ということで、逆浸透といいます。
その逆浸透に使用される半透膜であることから、
逆浸透膜といわれているようです。


逆浸透膜タイプの浄水器で浄化したRO水を熱帯魚の飼育水に
使用する場合は、RO水にニガリ等でミネラルを添加しないと
熱帯魚が弱ってしまうようですので注意してください。
RO水で飼育水をつくるための添加剤もあるようですね。

放射能物質・放射性物質80%以上除去する浄水器



【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneの逆浸透膜,RO膜のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。