【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

セロトニン



なかなか「うつ病」から抜けられないあなたへ!「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!プチ認知療法

セロトニン(serotonin)は消化管の運動,中枢神経細胞の
興奮伝達,うつ病や神経症といった精神疾患などに影響していると
考えられています。

このセロトニンには、ドーパミンとノルアドレナリンの分泌を
調整する働きがあるそうです。
これにより情緒の安定が保たれています。

ちなみにドーパミンは、快感を感じることに影響している物質で、
過剰になると幻覚や幻聴の症状が出る統合失調症や、
無意識に顔が動いたりのどを鳴らしたりしてしまう
トゥレット症候群になることもあるようです。

また、ノルアドレナリンはネガティブな気持ちに影響している
物質で、過剰に分泌されると不安感やストレスが大きくなります。

うつ病の人は、脳内のセロトニンが不足していると言われています。
逆にセロトニン濃度が高い場合は、頭痛,めまい,嘔吐といった
症状がでるセロトニン症候群になるそうです。


セロトニンの分泌を増やす方法として、
ウォーキング,自転車こぎ,ガムを噛むといったリズム運動が
効果的だそうです。

ウォーキングに最適なリズム・テンポを研究・調査の上制作された
ウォーキング・セラピー セロトニン活性」という音楽CDも
あります。

セロトニンを食べ物で増やすには、セロトニンの合成に必要となる
トリプトファン,ビタミンB6,ナイアシン,マグネシウムなどを
含む食品を摂るように意識した方がいいそうです。

それに、セロトニンを脳内に取り込みやすくする
「炭水化物(ブドウ糖)」もバランスよく摂ることが
大事なようです。

セロトニンに関わる栄養素や成分」も参考にしてみてください。


うつ病の療養のために会社を休んでも
経済的な不安を感じる必要がなくなる方法があると
あなたはご存じでしょうか?

精神科医や社労士の方も認める方法で
最大1年6ヶ月間、公的な資金を受け取ることができる
制度があります。
傷病手当金受給マニュアル 〜うつ病でもお金の心配をしないで会社を退職して療養生活を送る方法〜


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneのセロトニンのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。