【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

ポリフェノール,効能,効果



(定価)38,800円の美顔器をナント【980円で】販売
【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?


食品の包装にポリフェノール含有と書いてあると、
なんとなく身体に良さそうな感じがしますよね。

でも、ポリフェノールにどのような効能・効果が
あるのか知らなかったりします。

ということで、ネットでチョット調べてみました。


ポリフェノール(polyphenol)は一つの成分を
示しているものではなく、フェノール性ヒドロキシ基をもつ
植物成分の総称で、いろんな種類があるようです。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に
代表的なポリフェノールが以下のように掲載されています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
  • フラボノイド
    • カテキン - ワイン、茶、リンゴ、ブルーベリーに多く含まれる。殺菌作用を始め、血中コレステロールを低下させたり、高血圧を予防したりといった効果がある。
    • アントシアニン - ブドウの実皮やムラサキイモ、ブルーベリー、などの赤紫色をした植物体に多く含まれている色素成分。肝機能の向上を助け、疲れ目の解消などにも効果的といわれる。
    • タンニン - 茶、赤ワイン、柿、バナナなどに含まれる渋味成分。カテキン同様、殺菌効果がある。
    • ルチン - ビタミンPの一種で、ソバに含まれる。
    • イソフラボン - 大豆や大豆加工商品(豆腐、納豆など)、葛、葛粉などに含まれる。エストロゲンと同様の働きをするため、アンチエイジングなどの視点から着目されている。
  • フェノール酸
    • クロロゲン酸 - コーヒーに多く含まれる。消化器、代謝性疾患を改善する作用がある。
  • エラグ酸 - イチゴなどに含まれるポリフェノール。美白効果があり、化粧品に多用されている。
  • リグナン - ゴマに多く含まれる。セサミンもこの一種。
  • クルクミン - ウコンに多く含まれる。
  • クマリン - サクラの葉、パセリ、モモ、柑橘類に多く含まれる。甘い香りのもと。軽油識別剤として、灯油およびA重油に添加される。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
いろんな食品にポリフェノールは含まれていますが、
効能・効果はそれぞれ違うようですね。

他にも、ブドウ種子ポリフェノールというものがあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
ぶどう種子ポリフェノールとは
ポリフェノールのなかでもプロアントシアニジンを主成分とし、抗酸化力が特に高い。

ブドウの果皮から多く抽出されるのがアントシアニンであるのに対し、種子から多く抽出されるのがプロアントシアニジン。 プロアントシアニジンはヨーロッパでは血管の治療薬として正式に使用されているほどの抗酸化力が実証されている。

老化の原因ともいわれる活性酸素には下記の4つの種類がある。

・スーパーオキサイド(SOD)・過酸化水素 ・一重項酸素 ・ヒドロキシラジカル

この4つの活性酸素を除去することが望ましいが、実は4000種あるといわれているポリフェノールの中では単独ポリフェノールで除去できるのはこのぶどう種子ポリフェノールだけである。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
引用:【健康美容EXPO】健康美容用語辞典


ポリフェノールは摂取してから3時間ぐらいしか効果が持続しないと
いわれていますので、、一度に多く摂取するのではなく、継続的に摂取
することが大事だそうです。

3度の食事や間食で、バランスよくポリフェノールが含まれている食品を
摂取するように心がければいいと思います。

サプリメントもありますので、ポリフェノールが不足していると
感じているようでしたら、摂取してみるのもいいかもしれないですね。


話題の美白成分プラセンタエキスがたっぷりはいっているから
シミ・そばかすを消し去って、ハリのある白い肌も手に入る!!
芸能人モデルも絶賛!!小顔アイテムがナント【980円】


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneのポリフェノール,効能,効果のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。