【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

低血糖,症状



一生の夢を実現させる健康長者養成10日間ナビ

低血糖とは、血糖値が極度に低い状態になっていることです。
血糖値は、血液に含まれているグルコース(ブドウ糖)の濃度です。
健康な状態の血糖値は、70〜110mg/dLぐらいで食事を摂ると
多少高くなります。


高血糖の病気である糖尿病の人が、低血糖になることも
あるようですね。

これは、健康な人の場合、血糖値が下がってくると、
グルカゴン,エピネフリン(アドレナリン)といった
血糖量を増加させるホルモンが大量に放出されますが、
糖尿病の人の場合は、放出量が少なく、十分に血糖値を
上げることができなくなるためのようです。

そのため、糖尿病の薬である血糖値を低下させるインスリンを
服用した後に、運動したり食事をあまりとらなかったりすると、
低血糖になってしまうことがあるそうです。


また、炭酸飲料やお菓子の食べ過ぎが、低血糖の原因になって
しまうこともあるようです。

糖分が含まれているお菓子を食べることで、
低血糖になってしまうなんて不思議な感じがしますよね。

炭酸飲料やお菓子に使用されている糖分は、
体内に吸収されやすいため、急激に血糖値があがってしまいます。

この血糖値の上昇に異常を感じて、すい臓からインスリンが分泌され
血糖値を元に戻そうとします。

これが長期間何度も繰り返されると、
すい臓が正常に機能しなくなってしまい、
インスリンが過剰に分泌されるようになってしまうようです。

この状態を反応性低血糖症というそうです。

血糖値が正常な状態と比較して低くない場合でも、
急激な血糖値の上昇と低下により、低血糖症の状態になることも
あるようです。
参考:低血糖症の検査と診断


低血糖の症状については、
メルクマニュアル家庭版 166章 低血糖」に
下記のように書かれています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
低血糖に対する体の最初の反応は、副腎からエピネフリン(アドレナリン)を放出することです。エピネフリンが蓄えられている糖を放出するよう刺激しますが、同時に不安発作に似た症状をもたらします。それは発汗、神経過敏、ふるえ、失神、動悸、空腹感などです。さらに重度の低血糖になると脳への糖の供給が不足して、めまい、疲労感、脱力、頭痛、集中力の欠如、錯乱、酩酊(めいてい)と間違えられるような不適当な行動、不明瞭な話し方、眼のかすみ、発作、昏睡などが起こります。低血糖状態が長びくと脳が損傷を受けることがあります。症状は徐々にあるいは突然現れ、数分のうちに軽い不快感から重度の錯乱やパニックを起こすことがあります。頻繁に起きるわけではありませんが、糖尿病で血糖値がよくコントロールされている人が低血糖を起こしたときには、自覚症状に気づかずに、また他の低血糖の症状もなく、失神や昏睡に陥ることがあります。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



(定価)38,800円の美顔器をナント【980円で】販売
【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?

疲れ知らずでエネルギーいっぱいに人生を楽しむ身体に変える


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの低血糖,症状のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。