【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

低体温



疲れ知らずでエネルギーいっぱいに人生を楽しむ身体に変える

平熱はどれぐらいありますか?

わたしの平熱は36度5分ぐらいです。

平熱が35℃台以下の人は、低体温といわれているみたいですね。

低体温の症状としては、
頭痛、肩こり、腰痛、腹痛、生理痛、不眠、更年期障害、
自律神経失調症、肌のくすみ、倦怠感などがあるようです。

低体温の状態だと新陳代謝が低く脂肪が燃焼しにくくなるため、
太りやすく痩せにくい体質になってしまう危険があるそうです。

ダイエットしてもなかなか痩せられないという人は、
平熱をチェックしてみたほうがいいと思います。

体温が1度下がってしまうと、基礎代謝が12%低下すると
言われています。

これを簡単に計算すると、1日に200〜500kcalの代謝が
低下してしまうことになります。

体温が1℃高い状態と同様な生活をするとして、
1ヶ月だと1〜2kgの体重が増えていく状態です。


また、身体の免疫力が低下してしまい、
感染症などの病気にかかりやすくなってしまうそうです。

さらに、薬が効きにくくなったり、
薬の副作用がでやすくなってしまうようです。

体温を上げると健康になる


低体温になってしまう原因は、
日頃の生活習慣や食生活にあると考えられています。

冷たい食べ物や甘い食べ物を過剰に摂取したり、
過度な冷暖房が低体温の原因となるようです。

他にも、運動不足による筋力低下で血行が悪くなり、
低体温になってしまうそうです。


低体温を改善する方法として、下記のものがあります。
  • きちんと朝食をとる。
  • ゆっくりと入浴する。
  • 身体を締め付けるような下着や服を着ない。
  • ミネラル・ビタミン不足にならないように
    バランスのとれた食事をする。
  • 煙草を吸わない。
  • 適度な運動をする。(ウォーキングなど)


低体温症と低体温を同じものだと思っている人もいるようですが、
低体温症は中心体温(直腸温)が35度以下になった状態です。

低体温症の症状などは、
低温による障害-低体温症
を参照して下さい。


(定価)38,800円の美顔器をナント【980円で】販売
【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの低体温のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。