【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

蜂窩織炎(ほうかしきえん)



蜂窩織炎(ほうかしきえん)とは、蜂巣織炎(ほうそうしきえん),
蜂巣炎(ほうそうえん)などとも言われている病気です。

蜂窩織炎について
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』には、
以下のように書かれています。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
蜂窩織炎は基本的には黄色ブドウ球菌などによる皮膚感染症である。感染部位は真皮から皮下脂肪組織である。表皮に感染した場合は伝染性膿痂疹となる。顔面、四肢に好発し、境界不明瞭な局所の発赤、腫脹、疼痛、熱感が急速に拡大する。発熱、頭痛、悪寒、関節痛を伴うこともある。ここまでいくと血液検査でも炎症所見がとれるが、基本的には局所感染であるため、血液検査で炎症所見はとれないことが多い。深層の感染であるため、伝染性膿痂疹と異なり飛び火はしないと考えられている。関節周囲に生じたときは化膿性関節炎との鑑別が難しい。化膿性関節炎では関節穿刺を行うが蜂窩織炎の場合は化膿性関節炎を医原性に作ってしまうため関節穿刺が禁忌となる。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

蜂窩織炎の原因となる菌は、ひっかき傷などによりできた表皮の
小さい開口部や毛穴,水虫の傷などから侵入してきます。

また、リンパ管の圧迫や狭窄によるリンパ浮腫が原因となる場合も
あるようです。


蜂窩織炎の診断は、感染している箇所の状態と症状により
おこなうそうです。
(症状が酷い場合、膿や皮膚組織の検査などをすることもある。)
尚、血液検査ではCRP(C‐反応性蛋白)の増加が確認されます。


症状が軽い場合は、抗生物質を経口投与することにより
蜂窩織炎を治療します。

症状が重い場合は、入院して抗生物質を静脈注射(点滴)する
などして治療する必要があるようです。

症状が治ってきた後も、菌を完全に消滅させるために、
抗生物質の投与をある程度継続しなければなりません。
途中で止めてしまうと、再発してしまう可能性があります。


蜂窩織炎を予防するためにも、指先のツメ周辺をいつも清潔にして
病原菌が引掻き傷などから侵入しないようにしましょう。
ただ、爪を短くしすぎると雑菌が入りやすくなるので
注意してください。
また、ガーデニングなど土をいじる作業をする場合は、
手袋をしたほうがいいと思います。


尚、蜂窩織炎になっている手の写真を
下記のページで見ることができます。
メルクマニュアル家庭版, 蜂巣炎


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの蜂窩織炎(ほうかしきえん)のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。