【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

地酒ランキング



地酒とは、その土地で生産される
その土地特有のお酒のことです。

一般的には、全国的に販売させている
大手メーカーの酒に対し、
地場市場で販売されている地方の銘醸酒
のことを指すようです。




酒の解説(ウィキペディアより引用)

広義には、日本酒、ビール、ウイスキー、ワインなどのエチルアルコールを含む飲料全般を指す。

狭義には、特に日本酒(清酒)を指す。欧米では「Sake」が外来語として日本酒を指す言葉になっている。

日本酒(にほんしゅ)は、米を発酵させて作る醸造酒で、日本の伝統的な酒の一つである。日本の酒税法上では清酒(せいしゅ)、日本では、一般には単に酒(さけ)またはお酒(おさけ)、日本古語では酒々(ささ)、僧侶の隠語で般若湯(はんにゃとう)、江戸時代にはきちがい水、現代では俗にポン酒(ぽんしゅ)と呼ばれることもある。

日本独特の製法で作られた酒の一種を指す言葉である。日本伝統の酒には他にみりん・焼酎 (沖縄では泡盛)がある。

約5℃から約60℃まで幅広い飲用温度帯がある。同じアルコール飲料を同じ土地で異なった温度で味わうのを常としているのは、他に紹興酒などがある程度で比較的珍しい。料理で魚介類の臭み消しや香り付けなどの調味料としても使用される。

なお日本では酒税法の関係上、一般に「清酒」として販売されている日本酒のアルコール度数は22度未満(合成清酒の場合は16度未満)であることが求められているが(酒税法第3条7・8項)、それより高いアルコール度数の日本酒を製造することも技術的には可能で、実際『越後さむらい』(玉川酒造)のように、日本酒の製法で製造されながらもアルコール度数が46度に達する酒(酒税法上はリキュール扱い)も存在する。

日本酒の5割が近畿地方で作られており、特に灘のある兵庫県(30%)と伏見のある京都府(15%)での生産量が多い。


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category その他
sceneの地酒ランキングのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。