【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

ガイガーカウンター口コミランキング



ガイガーカウンターの口コミランキングを
掲載しています。

ガイガーカウンター(Geiger counter)は、
ガイガー=ミュラー計数管やGM計数管などとも
いわれている放射線量計測器です。

福島第一原子力発電所事故によって、
放射性物質が外部環境に放出されたため、
個人でもガイガーカウンターを購入して、
周囲の放射線量を測定している人が
いるようですね。




ガイガーカウンターの解説(ウィキペディアより引用)

ガイガー=ミュラー計数管(ガイガー=ミュラーけいすうかん、Geiger-Mu"ller counter)は、1928年にドイツのハンス・ガイガーとヴァルター・ミュラーが開発したガイガー=ミュラー管(Geiger-Mu"ller tube)を応用した放射線量計測器である。

ガイガー・カウンター(Geiger counter)あるいはGM計数管とも呼ばれる。

ガイガー=ミュラー計数管は、放射能の強弱を放射線の量として数値で表示する事ができる。 不活性ガスを封入した筒の中心部に電極を取り付け、高い電圧を掛ける。筒中に放射線が入ると、不活性ガスが電離されて電極と陽極の間にパルス電流が流れる。非常に利得が高く大きな信号を得られる半面、この電流の強さは、放射線の持つエネルギーと比例関係にはならないので、放射線の持つエネルギーを測定することは出来ない。

発明から80年近くの時間を経ているが、今日でもこの原理を利用し、放射線を計測している。

ガイガー=ミュラー管(GM管)は、1個からの電離放射線を検知することができる、GM検出器の検知部である。 これを発明したハンス・ガイガーと、ワルター・ミュラーにちなんで名づけられた。 ガイガーはアーネスト・ラザフォードと共に1908年にこの検知器を開発したが、アルファ線だけを検知できるものだった。 1928年にガイガーの教え子だったミュラーが、あらゆる種類の電離放射線を検知できるように改良した。 GM管は気体イオン検出器に分類される。


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneのガイガーカウンター口コミランキングのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。