【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

低速ジューサー ランキング



低速ジューサーの人気口コミランキングを紹介します。

低速ジューサーは圧搾(あっさく)することにより、
野菜やフルーツからジュースを搾り出します。

高速ジューサーの場合は、野菜・果物をすりおろす時の
摩擦熱で、酵素を壊してしまう可能性があるようですが、
低速ジューサーは高熱が発生しません。

また、低速ジューサーで搾ったジュースのほうが
酸化が少ないようです。


Yahoo!オークションで購入できる低速ジューサー


ジューサーの解説(ウィキペディアより引用)

ジューサー(英: juicer)は、野菜や果物からジュースを絞る調理器具。商用電源を用いた電動タイプが多い。

手動のジューサーはスクイーザー(英:squeezer)、リーマー(英:reamer)あるいはジュースリーマー(英:juice reamer)とも呼ばれる。

通常、果物を入れるための容器と圧搾するためのハンドルがついており、容器の部分に切った果物を入れてハンドルを強く握ることでてこの原理を利用して圧搾する。また、柑橘類専用のものには半分に切った果物を凹凸をつけた山状の突起に押し付けながら回転させることで圧搾するものもあり、このタイプの代表的な製品としてレモン絞りがある。

モーターを動力源として、容器の中で、底におろし金状の突起がついたザルが回転する。材料は筒状の投入口を通り、回転するおろし金に触れる。投入口から下方へ伸びた筒はおろし金の直上まで降りており、おろし金との間でわずかな隙間を作る。投入された材料は、筒の内壁で保持され、回転するおろし金で擦りおろされる。外皮を剥いた柑橘類やトマトなどは、柔らかいため自重で十分に擦りおろされるが、ニンジンやリンゴなどの堅い材料をおろし金へ押し付けるために、投入口から差し込む棒状の器具が付属している。擦りおろされた材料は、回転するザルによって繊維質とジュースに分離され、ジュースはザルの下に置かれたガラス製あるいは透明な樹脂製のカップに溜まる。ザルはすり鉢状をしており、搾汁された繊維質は遠心力でザルの縁から外へ出る。繊維質を容器内に貯める機種もあれば、別途備えられた絞り滓用容器へ取り込む機種もある。容器やザルは分解し、繊維質や汚れを洗浄できる。

繊維質を摂取することが健康に良いとの観点から、目を荒くした別のザルが付属する機種もある。

モーターを収めた本体をミキサーと共用できる製品もあり、「ジューサー・ミキサー」と呼ばれ複合製品として販売されている。


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 健康・病気
sceneの低速ジューサー ランキングのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。