【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

おひさま あらすじ 116話 20週



NHK連続テレビ小説おひさま
116話(20週)のあらすじ。

進駐軍にそばを出すため、助役(つまみ枝豆)が
持ってきた材料は、豪華なものだった。

しかし、道夫(串田和美)が材料を運んでいる
ときに転んでしまい腕を負傷したため、
そばを打てなくなってしまう。

そこで、徳子(樋口可南子)が代わりに
そばを打つことになった。

そば屋の娘ということで、手際がよく
遜色ないそばができる。

進駐軍の男たちは「おいしい」というのだが、
完食せずにそぼを残してしまう。

やりきれない表情の丸山家の面々。

そんななか、和成(高良健吾)は腕相撲に
誘われ、なんとか勝つことができた。


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category その他
sceneのおひさま あらすじ 116話 20週のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。