【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

F-12C ケース



ドコモスマートフォン F-12Cのケースを掲載しています。




F-12Cの解説(ウィキペディアより引用)

ドコモ スマートフォン F-12C(ドコモ スマートフォン - エフ イチ に シー)は、富士通によって開発された、NTTドコモの第三世代携帯電話(FOMA)端末である。ドコモ スマートフォンのひとつ。コンセプトはいつまでも使い続けたい「100年ケータイ」となっている。

富士通が、製造販売する初めてのandroid OS搭載のスマートフォンとなる。OSはandroid 2.3を搭載している。薄型、軽量の筐体でありながら、防水性能IPX5/IPX8に対応し、その他に、おサイフケータイ、赤外線通信、WiFi、Bluetoothなど様々な機能を搭載している。

500cd(カンデラ)以上の高輝度ディスプレイに、乱反射抑制加工を施した、高精細液晶を搭載している。また周りの明るさに合わせて輝度を自動調整してくれる。

日本語入力システムはATOKを採用し、富士通とジャストシステムとで共同開発しており、QWERTY入力のほか12キー入力、フリック入力、手書き入力などが対応する。文字入力時に表示されるキーパッド部分が手書き入力のエリアも兼ねており、ボタン操作などで切り替えることなく、タッチ入力、手書き入力を行うことができる。

FOMAハイスピードにて、受信最大14Mbps、送信最大5.7Mbpsの高速パケット通信が可能。またWiFiではIEEE802.11b/g/nに対応しているほか、 WiFiテザリングが利用可能となる。

富士通ブランド特有のスーパーはっきりボイス3、ぴったりボイスを搭載している。

カメラにはF-09Cなどと同様に高性能CMOSセンサー「Exmor for mobile」と、高性能画像処理エンジン「Milbeaut Mobile」が、搭載され、高感度、低ノイズの撮影が可能となっている。更に撮影シーンに合わせて、設定を自動で調整する、「自動シーン調整」機能が搭載されている
動画撮影においてもHD動画の撮影が可能となっている。

また本機種はイギリスの軽量かつ堅牢というトラベルケースブランドの「GLOBE-TROTTER」(グローブ・トロッター)とデザインコラボを行っており、筐体後面にブランドロゴが描かれている他、背面の質感においてはブラックにおいては、GLOBE-TROTTERのトラベルケースの素材である「ヴァルカン・ファイバー」を再現している。ローズゴールドはグロス調の背面に、ヘリンボーン柄をいれている。またGLOBE-TROTTER のアイコンコーナーパーツを継承したデザインにもなっている。


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category その他
sceneのF-12C ケースのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。