【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣

10万円金貨 相場



楽天市場での10万円金貨の相場です。


Yahoo!オークションでの10万円金貨の相場



10万円金貨の解説(ウィキペディアより引用)

天皇陛下御在位六十年記念硬貨(てんのうへいかございいろくじゅうねんきねんこうか)は、昭和天皇の在位60年を記念して1986年(昭和61 年)(一部は1987 年(昭和62年))に日本で発行された記念硬貨である。臨時補助貨幣でもある。10万円金貨、 1万円銀貨、500円白銅貨が発行された。

横書きでは天皇陛下御在位60年記念硬貨とも。

10万円金貨は、日本で初めて発行された記念金貨、および初の1万円を超える額面の貨幣であり、かつ第二次世界大戦後初の金貨である。また金貨・銀貨ともに、初めて千円を超える額面の硬貨である。昭和天皇の在位50年の際には100円白銅貨が発行されたのみであるが、これ以降は天皇の即位や在位の節目などを記念する金銀貨がたびたび発行されていく。

1985 年(昭和60年)11月18日、中曽根康弘内閣の竹下登大蔵大臣が昭和天皇の在位60年を祝うために金貨を発行する方針を発表した。この背景には次年度の財源確保のためと、貿易摩擦が深刻であったアメリカから金貨鋳造に使用する大量の金(223t)を購入することでこれを緩和しようとの思惑があった。そのため当局は10万円金貨、1万円銀貨、500円白銅貨を大量に発行することになった。特に10万円金貨は 1000万枚と金貨としては異例の大量発行であり、額面だけで1兆円にも上った。しかも金貨1枚あたり金を20g使用していたが、素材の価値が 1g1900円(当時)であり製造費込みでも半分以下の原価にすぎなかった。そのためその差益5500億円が国庫に入る見込みであるとされた。当時の臨時補助貨幣の額面の上限は500円であったため、1964年(昭和39年)のオリンピック東京大会記念千円銀貨発行の際と同様に、特別法として天皇陛下御在位六十年記念のための十万円及び一万円の臨時補助貨幣の発行に関する法律が制定され、金銀貨発行の根拠とされた。


【無料】達人に学ぶ長期的モチベーションの秘訣







Category 豆知識
sceneの10万円金貨 相場のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。